機関紙編集者クラブトップページ   会員ページログインへ
いつもランラン

迷惑パフォーマンス No.273

 維新の会の代表である松井一郎が、大阪市長の立場で福島の原発処理水を大阪湾で受け入れると発言し、また吉村大阪府知事も同調した。
 これにさっそく反応したのが大阪の漁業関係者、発言の翌日には大阪府水産課に抗議文を提出した。処理水の安全性が完全に担保されているとは言えず、風評被害も懸念されるのだから当然だ。
 福島原発の問題は国全体の問題であることはよく分かっている。だが、だからといって大阪の首長が個人の考えで処理水受け入れを表明するようなものではないし、あまりにも無責任な話だ。
 だいたい大阪湾は大阪府・市の所有物ではない。当然、隣接する兵庫県や和歌山県が黙っているわけがない。本気で処理水を受け入れる覚悟があるのなら、近隣県と事前に話し合っているだろうし、漁業関係者や市民にもきちんと説明し、合意を取り付けるはずだ。
 これまでも、米軍基地を関空で受け入れるだとか、オスプレイ訓練を八尾空港でするとか、勝手な発言で世間を騒がしてきた維新の会。今回も無責任なパフォーマンスで注目を浴びたいだけなんだろうが、それがどれだけ迷惑な行為か、そして自らの品位を下げているか、いいかげん気づくべきだ。(ぴ)


機関紙編集者クラブ 530-0041 大阪市北区天神橋3-9-27 PLP会館3階
club@kclub1965.com tel 06-6242-2144  fax 06-6948-6657